給与所得者の一般的な目安について表示します

youikuhi

子供1人のケース Edit

子1名0〜14歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
0円 300万円 2万円〜4万円
0円 400万円 4万円〜6万円
0円 500万円 4万円〜6万円
0円 600万円 6万円〜8万円

 

 子1名0〜14歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
100万円 300万円 2万円〜4万円
100万円 400万円 2万円〜4万円
100万円 500万円 4万円〜6万円
100万円 600万円 4万円〜6万円

 

  子1名15〜19歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
0円 300万円 4万円〜6万円
0円 400万円 6万円〜8万円
0円 500万円 6万円〜8万円
0円 600万円 8万円〜10万円

 

子ども1名15〜19歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
100万円 300万円 2万円〜4万円
100万円 400万円 4万円〜6万円
100万円 500万円 6万円〜8万円
100万円 600万円 6万円〜8万円

 

子供2人のケース

子2名 第1子及び第2子0〜14歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
0円 300万円 4万円〜6万円
0円 400万円 6万円〜8万円
0円 500万円 8万円〜10万円
0円 600万円 8万円〜10万円

 

子2名 第1子及び第2子0〜14歳

権利者の年収 義務者の年収 相場(算定額)
100万円 300万円 2万円〜4万円
100万円 400万円 4万円〜6万円
100万円 500万円 6万円〜8万円
100万円 600万円 8万円〜10万円

 

子2名 第1子及び第2子15〜19歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
0円 300万円 6万円〜8万円
0円 400万円 8万円〜10万円
0円 500万円 10万円〜12万円
0円 600万円 12万円〜14万円

 

子2名 第1子及び第2子15〜19歳

権利者の年収 義務者の年収 目安
100万円 300万円 4万円〜6万円
100万円 400万円 6万円〜8万円
100万円 500万円 8万円〜10万円
100万円 600万円 10万円〜12万円



養育費の金額は両親の収入や生活水準、子どもの人数などを考慮して決めます。上記は裁判所で使われている養育費算定表の一般的な目安表です。

養育費をいつまで支払うかは、成人するまでと決める場合が多いですが、18歳までとか22歳までなどと決めることも出来ます。

さらに詳細な目安は裁判所の養育費・婚姻費用算定表(PDF)もご覧ください。

 


renraku

 

お気軽にご連絡ください:090-8471-1216